無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

ステンド屋の社長ブログ

ステンドグラスの専門店戸夢窓屋 > ステンド屋の社長ブログ

ステンド屋の社長ブログ一覧

ステンド屋の社長ブログ

JR大阪三越伊勢丹にてステンドグラス販売開始

こんにちは!和田良太です。

皆さまG.Wはいかがお過ごしでしたか?
戸夢窓屋は例年と同様G.Wも毎日
ショールームをOPENしておりました!
ボクはショールームにおりませんでしたが、
今年は例年以上に忙しくしておりました・・・。(^^ゞ

何故かと申しますと、
今週5月4日にOPENしました
JR大阪三越伊勢丹にて
ステンドグラスを販売させて頂いているからです(^O^)

本当は色々たくさん書かせて頂きたい事はあるのですが
まず今回は売場のお知らせをさせて頂きます!

戸夢窓屋のステンドグラスを展示販売して頂いているのは
7階 リビングフロアーのインテリア売場です、
うめきた側エレベーター正面の売場
ですので
大変分かりやすいと思います(*^^)v

ステンドグラスの展示状態は
上記(現在の)写真から
設置場所や商品の変更が多少あると思いますが
大体こんな感じでございます。
今後はランプ以外にも、
もう少しお求め易い商品なども増やしていこうと
思っております!

あとコチラの売場では
窓やドアに設置したステンドグラスの写真資料も
ご自由にご覧頂けるようになっており
住宅の窓やドアに設置できる
ステンドグラスパネルの実物サンプルも1枚だけ
ご用意させて頂いております!

住宅の窓やドアにステンドグラスの設置を
ご検討されているお客様の中には
戸夢窓屋のショールームまではチョット行きづらいけど
取り合えず一度、戸夢窓屋のステンドグラスを見てみたいと
と言う方もおられると思いますので、
そんなお客様には
ピッタリな場所だと思いますよ(^0_0^)

もし売場でご不明な点などございましたら
周りのスタッフにお尋ね頂くか、
その場からお気軽に戸夢窓屋までお電話ください!
(会社にいる時はボクが対応させて頂きます(*^^)v)

もちろん、
もっとステンドグラスを見たくなったお客様は
JR大阪三越伊勢丹から当社までは
お車でも電車でも30分~40分ぐらいで来られますので、
是非、戸夢窓屋ショールームにお越し下さいね!!

ボクもしばらくの間、
土日どちらかは短時間でも売場に行かせて頂こうと
思っておりますので
ボクを見つけたら
お気軽にお声を掛けてくださいね(^^ゞ
(5月28・29日は売場に行けません。)
※明日もお昼~夕方まで売場にいる予定です!

それでは、
皆さまのお越しをお待ちいたしております(^_^)/

『ステンドグラスの資料請求はコチラ』
・一般のお客様  ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-consumer/
・建築業者様    ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-contractor/
『戸夢窓屋(トムソーヤ)・公式ホームページ』 
 ⇒ http://www.tomusoya.co.jp

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太に直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

太陽の塔・黄金の顔展



こんにちは!和田良太です。

万博公園で開催中の
『太陽の塔・黄金の顔展』に行ってきました!

この展覧会は
岡本太郎生誕100年と
EXPO’70パビリオン開館1周年を記念して
開催されています。

まずこの去年OPENした
『EXPO’70パビリオン』とは
万国博当時の出展施設であった
「鉄鋼館」を利用して
常時3000点もの貴重な資料・写真・コレクションを展示
1970年にアジアで初めて開催された
20世紀最大の祭典
『EXPO’70』の凄さを今に伝えています(^0_0^)

『太陽の塔・黄金の顔展』
最大の目玉
1970年~1992年の大改修まで使用されていた
黄金の顔を間近で見る事が出来ます!

通常は地上約60mにある黄金の顔、
塔の下から見上げてみてもサイズ感が
サッパリ分かりませんが
『黄金の顔』を目の当たりにすると
直径10mを超える
そのスケールに圧倒されました(~o~)

パビリオン2Fの
常設展示物もスゴク魅力的
ポスター・制服・チケット・切手など
展示されている何をとっても
デザインや色使いがとてもカワイイ!!
当時の映像や写真を見ていますと
40年前の熱気と盛り上がり
そして当時の日本の勢いが伝わってきます!!

ココでは書き切れないですが
多種多様な貴重な資料が展示されていて
『日本万国博覧会』を
オンタイムで知らないボクでも
時間が足らないくらい本当に楽しめました!

個人的には
森だった場所を造成して
『日本万国博覧会』を開催し
その後、40年を掛けて
自然の森へと再生させていく過程を
写真と文章で紹介されていたのが
大変興味深かったです(^_^)

人の手で壊した自然を
人の手で自然を取り戻す
素晴らしい事だと思いますが
壊す(造成)には数ヶ月でも、
戻すには40年以上・・・。(~_~;)
この事に限らず
色々な場面で人の手や知恵の使い方を
間違わないようにしなくてはイケませんね・・・。(~o~)

「黄金の顔展」を見る前に
万博公園内のチューリップが
ちょうど見頃を向かえていましたので
少し立ち寄ってきました!
お写真を載せておりますが
カワイイでしょ(^^♪

万博での2月の梅もご紹介させて頂きましたが
季節のお花が年中楽しめるところが
万博公園の大きな魅力だと思います(^^♪

今はチューリップ以外にポピーも楽しめますし
『太陽の塔・黄金の顔展』
5月10日まで開催中ですので
是非行ってみて下さい!

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太へ直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

郡山城と奈良公園の桜


こんにちは!和田良太です。

前回のブログで紹介した
「太閤園のリベンジ(~_~;)」
と言う事で
奈良へお花見に行ってきました(^_^)v

大仏さんや鹿などで有名な
奈良公園までは
ボクが住む豊中市から
車で1時間ぐらいなので
けっこう手軽に行けちゃいます!

まず最初に
「さくら名所100選」
に選ばれている
『郡山城(こおりやま)』
に行きました!
お堀の周りを彩る桜が満開で
散った桜の花びらがお堀の水面を覆って
スゴク美しかったです(^_^)v
そして
昭和43年に奈良公園から移築された
旧奈良県立図書館(写真2枚目)
も見られて良かったです!

郡山城を後にして
奈良公園へ向かいました、
まずは浮見堂(写真3枚目)の桜を見て
そして
春日野園地の桜のトンネルを抜け
「奈良の大仏」として知られる
東大寺へ行きました!
東大寺に到着した頃から強い風が吹き出して
桜吹雪がとてもキレイでした!

奈良には正倉院展
近代建築の勉強会などで
郊外には時々訪れていますが
今回の様に観光的な感じで中心部に行くのは
小学生以来でした!

奈良公園内や近辺には
・奈良国立博物館 
・旧奈良県物産陳列所 
・奈良ホテル
・旧JR奈良駅舎
・料亭 菊水楼
など色々な
近代建築があります!
ボクは全て行った事がありますが
どこも奈良公園から歩いて行ける距離ですので
建築にご興味がある方であれば
近代建築巡りも良いと思いますよ(^0_0^)

最後に
吉野葛の老舗
天極堂(テンギョクドウ)の葛餅を
お土産に買って帰りました!
塩漬けされた桜の花が入っていて
桜の風味が利いた葛餅が
美味しいんですよね~
甘党にはたまりません(*^_^*)

去年と一昨年の京都の桜も
良かったですが、
これから新緑の季節!!
奈良でブラ~っと過すのも
オススメですよ(^^♪

桜を満喫した
「気持ちイイ~」休日でした(^^♪

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太へ直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

太閤園の桜と藤田美術館

こんにちは!和田良太です。

太閤園の桜が満開との事だったので
先日お花見がてらランチに行ってきました!

以前から太閤園は
ランチやディナーで時々利用させて頂いておりますが
ランチは結構お手ごろで
日本料理・鉄板焼・フレンチも美味しく
オススメですよ!

正直申しまして
桜は思ったほどではありませんでしたが
ランチも美味しかったですし
大阪の中では一足早く満開の桜が見られたので
「まぁヨシ」と言う感じでした!

太閤園は
7000坪もある広大な庭園
一年を通じて
梅・桜・木蓮・つつじ・あやめ・アジサイ・萩・さざんかなど
四季折々のお花が楽しめるので
カメラを片手に
ランチ&軽いお散歩みたいな感じで
訪れるのに良い場所です(^^)v

そして
太閤園のお向かいにある
藤田美術館では
春と秋の年に2回、館蔵品による企画展が行なわれており
国宝、重要文化財を含む
東洋古美術を中心としたコレクション
公開されております!

現在は企画展開催中でしたので
少し見学をさせて頂きました。
ボクは東洋古美術に全く詳しくないので
上手く説明ができませんが、
藤田邸内にある
古い蔵を改造した展示室
陶磁・水墨画・大和絵・絵巻・染織・金工などの
貴重な作品が
多数展示されておりました!
東洋古美術にご興味のある方にはオススメです(^^ゞ

ボクは藤田美術館と言うよりは
植物や生き物が好きなので
もっぱら太閤園のお庭で
季節のお花を見て、
野鳥や池の水鳥を見て
池で泳ぐ魚や亀や昆虫などを見つけて
種類を当てたりしながら
ブラブラしているのが好きです!
(↑完全に子供の頃から同じ行動・・・。^_^;)

お花見的には
チョット不完全燃焼だったので
お天気良ければ
改めて京都か奈良辺りに
お花見に行きたいと思っています(^^)v

太閤園           http://www.taiko-en.com/
藤田美術館      http://www.city.okayama.jp/museum/fujita/
太閤園の蛍祭りのブログ   http://www.tomusoya.co.jp/?p=1695

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太へ直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

セントレジスホテル大阪にステンドグラス

こんにちは!和田良太です。

今日は3月28日
偶然ですが
今日はボクの誕生日!!
もう36歳になってしまいました^_^;

あと4日で社長になって12年目
このブログも今月で6年目
時が経つのは早いものです・・・。(^^ゞ

36歳の和田良太もボチボチ頑張りますので
宜しくお願いいたします(^O^)

それでは本題です、
今回は2010年10月に大阪市中央区にOPENした
『セント レジス ホテル 大阪』
チャペルに納品させて頂きました
ステンドグラスをご紹介させて頂きます。

「セント レジス ホテル」を、
あまりご存知ない方も多いかもしれませんが
日本でもお馴染みの
「シェラトン」「ウェスティン」などを抱える
米スターウッドグループの最高級ブランド
大阪が日本初上陸となります!

最上階にあるロイヤルスイート
なんと197平米で1泊80万円、
その他のお部屋も、
1泊69,000円~の宿泊料金額は
日本国内としては最高ランクとなっております。

一つの特徴としまして、
24時間態勢で宿泊客をさまざまにサポートしてくれる
「バトラー(執事)」スタッフが導入されており、
「セント レジス ホテル 大阪」
2フロアーごとに1~2人のバトラーが配置されております!

先日、ボクの両親も宿泊させて頂きましたが
お部屋の広さやインテリアの質感、
そしてサービスの対応にも大満足だったようで、
「また利用したい!!」
と申しておりました(^^)v

チャペルのステンドグラスは
ほぼ全体的に色ガラスを重ねて(レイヤード)
色に深みを出してみました!
色鮮やかでチャペルらしく、
キレイですよね(^^ゞ

「セント レジス ホテル 大阪」公式サイトにも
ステンドグラスが入ったチャペルの画像
紹介されておりますので、
是非ご覧下さい!

「セントレジスホテル 大阪」公式サイト 
http://www.stregisosaka.co.jp/
チャペルの画像
http://www.stregisosaka.co.jp/wedding/


『ステンドグラスの資料請求はコチラ』
・一般のお客様  ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-consumer/
・建築業者様    ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-contractor/
『戸夢窓屋(トムソーヤ)・公式ホームページ』 
 ⇒ http://www.tomusoya.co.jp

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太に直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

東北地方太平洋沖地震「自分に出来る事」

こんにちは!和田良太です。

一昨日、仕事中に小さな揺れを感じてテレビを付けました、
それから数時間に渡り
信じられないのような衝撃的な映像が続きました。

何から話せば良いのかも分からないほどの悲惨な状況ですが
まずは亡くなられた多くの方のご冥福を心からお祈りいたします。
そして一人でも多くの尊い命が救われる事を心から願っております。

地震から一夜明けた昨日からは
『現実』という名の
悲劇的な各地の被害状況が流れてきました
見るのも辛い様な映像の数々、
同じ日本に住みながら
スイッチ一つで電気がつき、蛇口をひねれば水が出る
今でもそんな『当たり前(恵まれた)』
生活を続けていられる自分、
その生活に改めて感謝するとともに
やはり何かできることは無いものかと強く感じさせられました。

大阪と東北は遠いように感じるかもしれませんが
地球の規模で考えたら
髪の毛一本分ほどの距離の差で、
僕も一週間前に東京におりましたが
一週間なんて地球の規模で考えたら
まばたき程の時間の差
そんな僅かな差で自分は被災せずに済んだのだと考えると
全く他人事ではありません。

現在、世界各国や国連から大変有り難い
援助活動が始まっておりますが、
まずは同じ国で起きてしまった大きな災害に対して
幸いにも被災しなかった我々は、
被災地や被災者を心配するだけではなく
具体的な復興の手助けとなる
募金や、
募金が無理でも節電や献血など
同じ国民として
『自分に出来る行動』
今回は起こすべきだと思います!

今回の未曾有の大災害にて
命を守れた多くの被災者の中には
ご家族を失われた方々や
住まいや財産を失われた方々が
沢山おられます。
その方々の今後を考えると
締め付けられるように胸が痛みます。
今現在の不自由の生活、
そしてこれからも
本当に大変だと思いますが
希望をもって頑張って頂きたいです。

被災しなかった我々が
助け合いの気持ちを持って
僅かでも被災者の皆さんの希望になるべく
ほんの少しでも
『自分に出来る行動』
を起しましょう!

募金については下記の方法(主にネット)以外にも
銀行振り込み・電話・クレジットカードや
各種カードのポイントを募金に変更出来るサービスなど
色々な方法がございます。
ネットは比較的簡単な手続きで
100円~上限10000円ぐらいの
募金可能なものが多いみたいです。

15年前のお話ですが
成人式の為、留学先から一時帰国をし、
その成人式の2日後に起こった阪神大震災の時は、
友人から借りたスクーターに乗って
父と一緒に神戸まで水とおにぎりを届けに行きました。
それが
『20歳の僕に出来る行動』でした。
そして
35歳の僕は
ネットでの募金上限金額よりは多く
募金をしようと思っていますので
銀行振込みかクレジットカードを利用しようと思っております!
それが
『35歳の僕に出来る行動』
第一歩です!
募金しか出来ない自分の無力さを歯痒く感じつつ
出来る事から始めてみます!

【 追記・3月14日 】
3月14日(月)NHK及び民放各社が義援金のサイトを立ち上げました。
各放送局により、手続き方法や手数料が無料になる金融機関が違いますので
皆さまにとって便利の良い金融機関を御利用下さい。
各放送局の義援金サイトをまとめましたので、ご覧下さい。
NHK&日本赤十字(※2012年3月11日現在サイト閉鎖中※)
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/otherpress/110314-001.html
TBS 
http://www.tbs.co.jp/miraibokin/donation_r.html
フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/kokuchi/110313.html
日本テレビ
https://cr.ntv.co.jp/24htv/charity/
義援金に関する最新情報については下記のサイトが最も早いようです、
東北地方太平洋沖地震に対する募金情報をまとめたサイトです。
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

【 追記・3月17日 】
大きな被害を受けた各県の義援金窓口が開設されました。
宮城県
http://www.pref.miyagi.jp/kihu.htm
岩手県(※2012年3月11日現在サイト閉鎖中※)
http://pref-iwate-main.cloudapp.net/view.rbz?cd=31359 
福島県
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23642

下記4種類のカードは、貯まったマイルやポイントを義援金に変換が可能です。
JALマイレージバンク(※2012年3月12日現在サイト閉鎖中※)
7,500マイル=7,500円で換算、中央共同募金会に寄付されます。
https://www.jal.co.jp/shien/

ANAマイレージクラブ
1,000マイル=1,000円で換算「ジャパン・プラットフォーム」へ寄付されます
http://www.ana.co.jp/amc/news/info/gien_1103/

Tポイントカード
1ポイント=1円に換算され、募金先団体に募金されます。
https://tsite.jp/index.pl

ポンタカード
10ポイント=10円にて換算され、日本赤十字社に募金されます。
http://www.ponta.jp/


※以下は友人のサイトより転記です※

 Yahoo!ボランティア
Yahoo! JAPANは、日本の代表的なインターネット企業として
の社会的責任から、「インターネット社会の安全で健全な発展」
および「災害被災地への速やかな支援」を目的とする新たな組織
「Yahoo!基金」が2006年6月に設立されました。
ウォレットで500円から募金。または1ポイントから募金が可能です。

goo募金
「goo募金(本サイト)」において、壁紙コンテンツをご購入いただき、
その収益の全額を東北地方太平洋沖地震の義援金として被災者の
皆様への支援に活用されるよう寄付されます。
募金額は、1回につき、100円~10,000円の中からお選びいただけます。

nifty Web募金
救援金受付は、チャリティコンテンツとしてのオリジナル壁紙を
販売することにより実施いたします。
オリジナル壁紙の売上金額(消費税額含む)とniftyからの
の寄付金額を加算したものを災害救援金としてお届けします。

グルーポン-GROUPON (※2012年3月11日現在サイト閉鎖中※)
ご購入いただくことで、購入金額全額を募金できます。
さらに、ご購入された金額と同額をGROUPONが拠出(マッチング・ギフト)し、
その総額を団体へ寄付されます。
※200円ご購入で、400円の寄付が行われます。

NTT Docomo
iMenuから「お知らせ」→「企業情報」→「社会に対する責任」→
「被災地支援チャリティサイト」

KDDI-au
au被災地支援義援金サイト(壁紙・待ち受けFLASHを購入。売上全額が寄付)
「EZボタン」―「トップメニュー」または「au oneトップ」―「災害用伝言板」
―「被災地支援義援金サイト」

ソフトバンクモバイル
「Yahoo!ケータイ」トップページ→「お知らせ」→「東北地方太平洋
沖地震義援金受付」
→お好みのデジタルコンテンツ(105円、315円、525円より)を選択
→「購入」

ソフトバンクチャリティダイヤル 2011年3月16日(水)開始予定
「*5577」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って該当の支援特番
を選択し、音声メッセージをお聞きください。
白戸家のお父さんデジタルコンテンツ※iPhone非対応

mixi
mixiは東北地方太平洋沖地震の専用ミクコレを用意。mixiモバイル
から、支援ミクコレを購入することで募金できます。

支援ミクコレは、mixiモバイルからのみアクセスできる。募金代金は、
50pt(50円)。
ミクシィがこれに50円を加算し、合計100円として寄付します。

※募金を偽装した詐欺にご注意ください※
毎回、災害時には募金を装った詐欺行為が多く見受けられます。
詐欺サイトにお金を送らないようご注意ください。

最寄の献血出来る場所についてはコチラのサイトをご覧下さい。
http://www.jrc.or.jp/donation/index.html#Map2

※ご紹介した内容に間違いや変更などがある可能性がございますので

 募金の際には、ご自身で十分内容をご確認の上、ご判断下さいますよう

 お願いいたします。

※コチラのページの情報はご自由にリンクやコピーしてご利用下さい、
 皆様のお力で一人でも多くの方に情報をお伝え頂ければ幸いです
 ご協力宜しくお願い致します。

ステンド屋の社長ブログ

万博公園の梅&メジロ&太陽の塔


こんにちは!和田良太です。

先日少し時間が出来たので
会社の近くにある
万博公園へ梅を見に行ってきました!

本日生誕100年を迎えた
岡本太郎氏の代表作
『 太陽の塔 』がある
万博公園は年中
季節の花が色々と楽しめるので
お天気に良い日に
時々フラ~とお散歩しに行きます(^^♪
※写真のバックに太陽の塔がチラっと写ってます(^^ゞ

ボクが行った時は
まだ五部咲きぐらいでしたが、
平日で人も少なく
ユックリ見られて良かったです(^^)v

穏やかな春の日差しの中
優しい梅の香りと
せっせと働くミツバチと
蜜を求めて飛び回るメジロや
色が何とも綺麗なジョウビタキ
見られて
良い気分転換になりました(*^^)v

今日現在、
万博の梅は見頃を迎えて
3月13日まで梅まつりが楽しめます!

そろそろ
ボクの大好きな
モクレンも咲き始めますね!
その後は桜がやってきます!!
いい季節になってきましたね~(^0_0^)

万博公園   http://park.expo70.or.jp/flower.html
メジロ     http://www.yachoo.org/Book/Show/597/mejiro/
ジョウビタキ http://www.yachoo.org/Book/Show/500/jyoubitaki/

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太へ直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

老舗三嶋亭・みぞれ鍋(京都市)

こんにちは!和田良太です。

何だか急に春めいてきましたね!
つい2週間前は大阪でも雪が積もったのに
季節が進むのは早いですね~(*^。^*)

先日、もうスグ冬も終わっちゃうし
『この時期にしか食べられないモノを食べよう!』
と思って
3年前にも一度ブログでご紹介させて頂いた
創業明治6年 関西風すき焼きの老舗
京都寺町三条 三嶋亭本店
に行ってきました(^^)v

三嶋亭で最も有名なのは
「すき焼き」です!!
仲居さんが全てお世話してくれて
個室のお座敷で食べる「すき焼き」は
お肉も柔らくメッチャ美味しくて絶品ですが、
今回は
『今しか食べられないモノ!』
と言うテーマだったので
蕪(カブ)の美味しいこの時期限定
ご用意されている
お鍋の出汁の中に贅沢に
蕪おろしを入れた
『 みぞれ鍋 』
を頂いてきました!

この時期以外のみぞれ鍋は
大根おろしを使用していますが
この時期限定の蕪おろしの「みぞれ鍋」は
蕪の甘さと優しい旨味がたまりません(*^_^*)

しゃぶしゃぶよりも厚切りの
厳選された国産黒毛和牛
さっと鍋にくぐらせて
蕪の入ったお出汁と一緒に頂くと
頬っぺたが落ちそうなくらい美味いです(^0_0^)

普段は完全にお肉よりもお魚派のボクですが
ココではいつもお肉を追加します(*^_^*)

薬味はお好みで黒七味・山椒・ゆず胡椒などがありますが
霜降りの牛肉なので
ボクはゆず胡椒でサッパリとイッちゃいます!

京都でお肉のイメージはあまり無いかもしれませんが
数寄屋造りのしつらいで
仲居さんとの会話を楽しみながら
個室のお座敷でユックリ食べられるお肉料理は
何とも言えぬ京都らしさも十分に感じられます(#^.^#)

ディナーはチョット贅沢なお値段ですが
ランチは夜にくらべて随分リーズナブルみたいですし
観光などで京都に行かれた際には
オススメのお店ですよ(*^^)v

三嶋亭  
http://www.mishima-tei.co.jp/
三嶋亭本店の評価(食ベログ)
http://r.tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26000646/

info@tomusoya.co.jp
どなた様でも、ご感想やご質問など
お気軽にメール下さいね!
和田良太へ直通のメアドです(^^ゞ

ステンド屋の社長ブログ

ベンツE320ワゴン 95年式W124

こんにちは!和田良太です。

しかし今年の冬は寒いですね~
一昨日は大阪でも雪が積もったんですよ
写真ぐらいの積もり方ですが
これでも大阪では数年に一回レベルの大雪です(^^ゞ
そんな中
トムソーヤのショールームへ沢山のお客様にお越し頂き
特に岡山からと名古屋からお車でお越し下さいました
I様とY様、遠いところ誠に有難うございました

ところで
前回のブログの続きですが
今のボクの車は写真の
メルセデスベンツE320T 95年式W124最終モデル 
です。
※今回のブログの文章は過去最長になってしまいましたが、車の話だけでは無く
 ボクの過去話も少し書いておりますので、良かったら最後まで読んでくださいね(^^ゞ

車に興味ない人から見たら
16年前の車だし、ただの古い車ですよね(^^ゞ
友達からも
『何で新車のボルボを売ってわざわざボロイ車を買ったの?』
て言われました・・・。(――;)
そりゃ実際16年も前の車ですから、
そう思うのが普通だと思います(^_^;)

だけどですね
この車はモノとして本当に良く出来てるんですよ、
『メルセデスらしさ』
って言う意味では
『このW124が最後のメルセデス』
なんて言われ方もしています!

この車の事を
気になりだしたのは
10年以上前にお客様や知人の方が所有されている
W124に何度か乗せて頂いた事がきっかけです!
皆さんもっと高価な新車を簡単に購入できる様な
余裕のある方々ばかりだったのですが、
その皆さんがおっしゃっていたのは
『この車の代わりは無い!』
『乗り換える理由が無い!』
『いくらお金が掛かっても修理して乗り続ける!!』
など当時のボクには理解し難いお話でした(~_~;)

そう言えば、
元レオン編集長岸田一郎さんと去年お会させて頂いた時に
ボクの車のお話をしたら、
岸田さんも以前W124を2回購入されて
「当時はW124に一生乗ってもイイな~と思ったよ」
っておっしゃっていました!

少し話が前後しましたが
その10年前ぐらいから
W124に乗っておられる方とお話すると
皆さん同様のお答えをされますし、
何だかボクも気になるようになってきてしまって
10年ぐらい前から
W124が特集されている雑誌などは
本屋さんで見付けてはいつも買っていました(^^ゞ

雑誌だけではなく
ネットでも色々と調べて状態が良さそうな車を見つけては
関西のお店だけでは無く、
出張のついでに東京まで
W124を見に行ったりもしていました!

しかし現実的には
古い車なのに比較的人気が高い為、
当時のボクには価格が高くて買えないし
値段の安い車は程度が悪くて買えないし
と言う状態でした(~_~)
※ちなみに現在W124は高価な車ではありません!!

そして
3年ぐらい前にW124を購入できるようになった頃には、
すでに最終モデルの販売終了後13年以上経ってしまっていて
もう既に程度の良い車は完全に無くなってしまっていましたので
ご縁が無かったモノだと
W124は完全に諦めて
ボルボのXC70を買いました!

しかし、
ボルボ購入から2年ぐらいが経ったある日
いつものように中古車のサイトで色々な外車を見ていたら
とんでもない
極上のW124を見付けてしまいました(^_-)-☆
しかもそのお店はボクも過去に1回行った事のある
W124の専門店で信頼の高いお店でした!
ボクは一瞬
「ウワ~、どうしよう~!」
って思いましたが
翌日にそのお店に電話をして詳しいお話をお聞きし
その翌日には東京まで実物の車を見に行って
即決で購入致しました(^0_0^)

そのボクが購入した車は
・15年間マンション地下の駐車場で保管
・走行距離もわずか4万キロ
・ヤナセでの整備記録簿も全て有り
・必要以上に部品も新品へ交換されていて
  メンテナンスも完璧
15年前の車とは思えないほど
内装外装共にキレイ
しかもボクが探していた
・レザーシートやサンルーフも付いた完全フル装備
・窓にフィルムすら張っていない完全なノーマル車
どれをとっても文句の付けようない
本当に前のオーナーさんにお礼が言いたいぐらいの
極上のコンディション☆
ちょっと大げさかもしれませんが
ボクにとっては
『奇跡の出会い(車)』でした☆

「最近の車」には「昔の車」には無い
便利な装備が色々付いていて
やっぱり快適ですし大きな魅力ではあります!
ボクは最近の車も大好きですから
前のボルボXC70は新車で買いましたし
やっぱりイイナ~と思う部分も多々ありました!!
しかし
「昔の車」には「最近の車」には無い
雰囲気や車らしさがあります(^0_0^)
特にデザインについては車に限らず
「今=良い」 「昔=悪い」
なんて事は絶対にありえません!!

これまで新車・中古車あわせて
7台外車を乗り継いできましたが
ボクの実感としてこの車は
スゴク運転がしやすくて、雰囲気も大好きです(*^^)v

国産車・外国車問わず
ボクは結構な車好きですので、
実際のところ
この車にもいつまで乗るかは分かりませんが、
スッゴク気に入っています(*^^)v

少し話が変わりますが、
先日、部屋を掃除していましたら
ボクが28歳(2004年)当時に
書いていた日記帳が出てきました、
その日記を少し読み返してみますと
当時は今では考えられないくらい
仕事も何もかもが全くうまく行かず、
毎日楽しくなくて
その現状を何とかしようと
毎日毎日もがきまくっていた状況が
日々綴られていました・・・。(-_-;)

その日記に何回か
『いつか成功してベンツ(W124)のワゴンを買うぞ!!』
て今ではチョット恥ずかしい目標が書いてありました(^^ゞ
それを見た時に
ボクなんて今でも全然全く大した事は無いのですが
それでもその当時からすれば
今のボクの現状は
当時の自分には全く想像も出来なかったぐらい
有難く恵まれた環境で
あの日と今は繋がっているのに
考え方が変われば行動が変わり
現実が変わって本当に環境は変わるものだな~
っと改めて感じました(*^_^*)

今回は何だか
本当に長々とフワフワとした
取り留めの無いブログになってしまいました
スイマセン(~_~)
長い文章を最後まで読んで下さって有難うございました

近々チャントしたステンドグラスのブログも書きますね(^^ゞ


info@tomusoya.co.jp
どなたでもお気軽にメール下さいね!
和田良太

ステンド屋の社長ブログ

VOLVO(ボルボ) XC70

こんにちは!和田良太です。

実は1年ほど前ですが
車を乗り換えました(^_^)v

何で今頃その話?って思いますよね^_^;

実は前に乗っていた
グランドチェロキーを
以前ブログでご紹介させて頂いた事がありましたので
そのブログをご覧になられたお客様を
駅などにお迎えに行った際に
今の車で行くと
気付いて頂けない事が多々ありましたもので
今乗っている車をご紹介しようと思いました(^^)

そして実は
以前ブログでご紹介した
グランドチェロキーの後
今の車を買う前(2007年)に
ボルボのXC70と言う
ワゴンを新車で買いました(*^^)v

サイズがチョット大きい事以外は
色&デザイン&雰囲気&乗り心地など
けっこう気に入っていましたし
パートタイムの4WDで雪にも強く、
冬の釣りやスノーボードとかにも使えたので
『ヨシッ!長く乗るぞ~』
って思っていました(*^^)v

ところが
10年近く前から
スゴク乗ってみたいと思っていた車がありまして
ズッと購入の機会をうかがっておりました、
しかし現実的には昔のボクでは
予算的に厳しく
しかもチョット古い車ですから
コンディション面にも不安があり
一旦は完全に諦めた結果ボルボを購入したのですが、
理想的なコンディションでその車が現れてしまったので
ボルボXC70とは2年でお別れしてしまいました。
(イイ車だったんで残念でした(T_T))

と言う事で
ボルボには長く乗るつもりだった事もあり
あんまり思い出の写真もありませんが
好きな車だったので
今もどこかで大切にされていたらいいな~って
思っています(^^)v

次のブログでは
全く派手さはないですが
昔から憧れていた今の車
ご紹介しますね(*^_^*)

  • 一般のお客様
  • 建築業者様
新着情報
お知らせ
メディア情報
ステンド屋の社長ブログ

ステンド屋の社長ブログ 月別アーカイブ

ステンドグラスに関するご相談・ご質問は

【TEL】06-6852-2422 営業時間(火曜定休日):月-土 10:00~18:00 日・祝 12:00~17:00

【FAX】06-6852-5622

無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

お電話・FAXでもOK!!

  • ステンドグラス戸夢窓屋 フェイスブックページ
  • ショールーム
  • 様々なドラマ現場に美術協力!
  • 世界1のSHOWTIME出演!
  • 戸夢窓屋 紹介番組
  • ステンド屋の社長BLOG
  • ステンドグラスランプ
  • ステンドグラス教室
  • エッチングガラス
  • お申込みからの流れ
  • よくあるご質問
  • ご相談・ご質問フォーム
  • 会社概要
  • リンクについて

PAGE TOP