無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

ステンド屋の社長ブログ

ステンドグラスの専門店戸夢窓屋 > ステンド屋の社長ブログ

ステンド屋の社長ブログ一覧

ステンド屋の社長ブログ

納品後のステンドグラス(大阪府・高槻市)

こんにちは!和田良太です。

今回は以前ステンドグラスの納品させて頂きました
大阪府高槻市N邸様
ご紹介させて頂きます!

こちらのステンドグラスは
一般住宅の窓とはとても大きくて
サイズが
幅約1650ミリ 高さ1750ミリあります!

作品的は
面取りガラスを効果的に使用しており
色ガラスも
アメリカにある
ウロボロス社へ当社が独自にオーダーした
トムソーヤ・スペシャルを使用
その上
フリモント社のアンティークガラスも数種類使用
していて
本当に
キレイで豪華で上品
玄関正面のホールを飾る窓に
ピッタリのステンドグラスでした!!

しかし・・・
実は・・・
コチラのステンドグラスは
元々戸夢窓屋の
ショールームに数年間展示してあった作品
だったんですよ!
(カタログやWEBのショールーム写真にも載っています)

お客様がショールームにお越し頂いた時に
コチラの作品に
一目惚れされて
新築の窓をステンドグラスに合わせて作って頂いて
無事に設置する事が出来ました(^^)

しかも・・・
実は・・・
元々コチラのステンドグラスは
中心で2枚に分かれた作品だったのですが
2枚を全く違和感なく繋げて、
そして
1枚モノのステンドグラスとしては
とても大きなサイズになりましたので
安心して使ってもらえるように
充分な補強を加えて、
クリーニングを済ませて
納品させて頂きました!!

ショールームの展示品を
住宅の『窓』に設置する事は
時々あるのですが、
建築時に
戸夢窓屋とお客様と建築会社様の間で
しっかりと打ち合わせや準備しておけば
それほど難しい事ではありません(^_^)v

納期の短いご物件でも
戸夢窓屋のショールームには
常時多数の実物のステンドグラスサンプル
ございますので
在庫で対応が出来る場合もございますから
また何でもお気軽にご相談くださいね(*^^)v

余談ですが
戸夢窓屋のステンドグラスは
その時にある
最高のガラスを使用し
上品で飽きのこない作品づくりを
常にしておりますので、

『古い作品=悪い(古臭い)』
と言う事はありません、
逆に
『古い作品=良い(羨ましい)』
と言う場合もあります、
実際に
今回のN邸様のステンドグラス(91年頃製造)
もそうですが
現在では製造されていない
美しいガラスを沢山使用
しておりますので
そう言う意味では
時が経てば経つほど価値が上がる!!
とも言えますね(^^ゞ
(注)上記のお話は当社の様に上質なガラスを使用している場合に限りますので
  全般的に『古い=良い』『アンティーク=良い』と言う訳ではありません。^^;

以前ブログでご紹介させて頂いた
コチラのステンドグラスも
94年製の作品ですが本当に美しいステンドグラス
でしたよ!
良かったらご覧下さい!
http://blog.tomusoya.co.jp/article/13380940.html

『写真』
1・2枚目 施工前と施工後のお写真。
3枚目   写真の中央(ソファーの左横)にショールームに展示品頃の写真です!
       2枚に分かれた衝立でした、小さい写真で分かり難くてスイマセンm(__)m

『ステンドグラスの資料請求はコチラ』
・一般のお客様  ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-consumer/
・建築業者様    ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-contractor/
『戸夢窓屋(トムソーヤ)・公式ホームページ』 
 ⇒ http://www.tomusoya.co.jp

ステンド屋の社長ブログ

滋賀をドライブ&成田美術館

こんにちは!和田良太です。

前回のブログでご紹介させて頂いた
針江(はりえ)に行った翌日は
幾つか立ち寄りたい場所があったので、
そのまま北上し
琵琶湖を一周して帰る事にしました!

琵琶湖には10年ぐらい前までは
バス釣りする為にかなり通っていましたので
道中は思い出の
今津港や海津大崎に立ち寄ったり
美味しいお蕎麦を食べたり、釣りをしたり
そして
ヴォーリズ建築
日本基督教団今津教会(現・今津教会 今津幼稚園)
第百三十三国立銀行(現・ヴォーリズ資料館)
などに寄ったりしながら
久しぶりにブラブラと
気持ち良くドライブが出来ました!

その中でも
久しぶりに行きたかったのが
長浜にある
成田美術館でした!
成田美術館は日本有数の
ルネ・ラリックのコレクションを保有
されています!

僕は昔から
繊細で上品なラリックの
作品が大好きなので
ラリック作品が出品される展覧会には
出来るだけ足を運ぶようにしているのですが
コチラの成田美術館では
常設で沢山の作品を
見学する事が出来ます!

ちょうど現在は
『ルネ・ラリック香水瓶展』
が開催されていて
ラリックの作品の中でも
特に僕は香水瓶とアクセサリーが好きなので
ベストタイミングでした(^_^)v
香水瓶展は
年末まで続く予定との事でしたので
もし、ラリックの香水瓶がお好きな方は
是非この期間に行ってみてください!

そして
9月15日~11月23日まで
熱海のMOA美術館で
「ルネ・ラリック展」が開催

されております!
先月まで国立新美術館で開催されていた
ルネ・ラリック展を見逃された方は
是非コチラも行ってみて下さいね!

ルネ・ラリック香水瓶展
http://www.gaido.jp/clickalbum/detail.php?ID=1728&gaido_code=1
熱海のMOA美術館 ルネ・ラリック展
http://www.moaart.or.jp/exhibition.php

ステンド屋の社長ブログ

エコの街・針江(滋賀県)に行ってきました






こんにちわ!和田良太です。

先月になりますが
昔から一度行ってみたかった
滋賀県にある
針江(はりえ)と言う街に行ってきました!

針江は
近年世界的にも注目
をされていて
TVなどでも時々に紹介されているので
ご存知の方も多いかもしれませんが、
水を上手に利用した昔ながらの生活を今に残す
本当に素晴らしいな街です(^^)

針江では
街の至る所から
生水(しょうず)と呼ばれる湧き水が出て、
家の脇には川端(かばた)と呼ばれる水場があり、
その川端は
果物や飲み物を冷やしたり
食べ物や食器を洗ったりする事に利用
されています!
しかもその川端の水中には
鯉や鮒、よしのぼりなどの
色々な生き物が住んで(飼われて)いて、
その魚たちが
料理の際に出た野菜の皮や
洗った後の野菜の葉っぱなどの残飯や、
鍋やおかまに人の食べ残しなどもキレイに食べて
掃除くれるんですよ!
そして人間は
その生き物達が住みやすいように
水をキレイに使う事を昔から実践
されていて
本当にエコな暮らしですよね~(^O^)

言葉では本当に書ききれないのですが・・・
針江は
古い町並みに今でも残っていて風情があるので
街の至る所を流れるキレイな水を見ながら
散歩をしているだけでも本当に気分が良い場所です、
その上ボクは
昔からエコに非常に興味があり
水や水生の生き物が大好き!!
ですので、
本当に「たまらない場所」でした(*^^)v
※どれだけ楽しんでいたかは写真の枚数でお察して下さい(^^ゞ

僕は川端の生活が体験出来る
宿泊施設に一泊したのですが、
街並みを案内して下さる
ツアーなどもございますので
日帰りでも充分に楽しめる場所ですよ
ご興味にある方は是非行ってみて下さいね!

行かれ際のおみやげには
鮒寿司、湖産アユの醤油煮、木綿とうふ等を
お忘れなく(^_-)-☆

ステンド屋の社長ブログ

アンティーク・ステンドグラスの修理


こんにちは!和田良太です。

2週間ほど前にお預かりした
大量のアンティークパネルの修復作業
ただ今行っております!

既に2ヶ月先までの
制作スケジュールが完全に詰まってた状態での
ご依頼でしたので
制作スタッフが毎日残業+シルバーウィーク中も交代で出勤して
納期に間に合うように進めてくれております。
(ガッツあるスタッフに感謝です(*^_^*))

基本的にステンドグラスは
アンティーク物、新物(国産品・輸入物)問わず
制作方法や強度がバラバラですので
まずは、
それぞれのステンドグラスごとにダメージの具合や
必要な補修・補強方法などを診断して、
必要に応じて何パターンかの
お見積りをお客様ご提示してから、
お客様のご希望内やご予算に合わせて
実際の修復作業をスタートさせて頂きます!

戸夢窓屋の修復の特徴を少しだけご説明
させて頂きますと、
まず実際の修復事例が非常に沢山ございます!!

しっかりと安心できるステンドグラス修理をご希望される
お客様からの修理依頼は頻繁に全国各地から
頂いているのですが、
特に阪神大震災の後は、

カナリの数の他社製ステンドグラスと
アンティークパネルの修理をやらせて頂きました。
※ちなみに戸夢窓屋のステンドグラスは強度がありますので
 一枚の修理もありませんでした(自慢です(^^ゞ)

その他の特徴としては
年代物のビィンテージガラスを含め、
希少性の高い珍しいガラスなども沢山所有
しておりますので、
破損されたガラスが少々珍しいものであっても
現状に近いガラスで修復が出来る可能性が高いです!

また、破損箇所を修復するだけでなく、
次の破損が起き難くする為の補強や対策方法などを
色々具体的にアドバイス
させて頂きます(^^)v
※コレをシッカリしておかないと、また割れちゃいますからね(~_~;)

その他にも色々と
戸夢窓屋ならではのサービスがございますので
ステンドグラスの修理などでお困りの方は、
まず戸夢窓屋の和田良太まで
お気軽にお電話又はメールでご相談下さい!!
お待ちしております(^_^)v

電話  06-6852-2422
メール info@tomusoya.co.jp


『ステンドグラスの資料請求はコチラ』

・一般のお客様  ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-consumer/
・建築業者様    ⇒ http://www.tomusoya.co.jp/catalog-contractor/
『戸夢窓屋(トムソーヤ)・公式ホームページ』 
 ⇒ http://www.tomusoya.co.jp

ステンド屋の社長ブログ

カリスマ経営者・貞方社長と3日間

こんにちは!和田良太です。

先日、お仕事で大阪に来られていた
貞方邦介社長
3日連続でご一緒させて頂きました!

貞方さんはテレビや雑誌などでよくお見掛けしますので
ご存知の方も多いと思いますが、
ホテル事業・外食事業・エステ事業などをされている
株式会社アルカサバの代表取締役です。
また、貞方さんは
カリスマ経営者として非常に有名
26歳、わずか5坪200万円のたこ焼き店を出店し自ら焼き、
20代でフェラーリ、30歳で豪邸を建て、
40歳でホテルのオーナーになるという壮大な夢を
36歳という若さで実現されました、
本当にスゴイ方です(^0_0^)

初日は心斎橋にあるクラブ(踊る方です)でお会いして
翌日は心斎橋でプチパーティーをしてからカラオケ行って
3日目は芦屋の豪邸でBBQを御一緒させて頂きました(^^♪

3日間色々なお話を聞かせて頂きましたが
一つ一つの言葉の中に
しっかりとした哲学と
自信に溢れていて
とても勉強になりました、
貞方さんはテレビで見ていた時の印象とは少し違って
非常に柔らかで、穏やか、
そしてとても丁寧な方でした(^_^)v

また大阪に来られる際に
ご一緒させて頂ければと思っております(^^ゞ

株式会社アルカサバホームページ
http://www.alcazaba.co.jp/news.html
貞方社長ブログ
http://ameblo.jp/sadakata
大阪でのご様子はコチラ(ブログより)
http://ameblo.jp/sadakata/entry-10344592891.html
http://ameblo.jp/sadakata/entry-10344598323.html
(コチラのページに僕も少し写っております(^^ゞ)

ステンド屋の社長ブログ

AREA TOKYO オープニング・パーティー

こんにちは!和田良太です。

東京を中心に家具やインテリア用品などの
販売をされている
AREA TOKYO(エリア・トウキョウ)
の関西初上陸となる
AREA OSAKA (エリア・オオサカ)の
オープニングパーティー
出席させて頂きました!


既に店舗は
8月16日にオープンされているのですが
オープニングパーティーにも
沢山の方が起こしになられていて
大変なにぎわいでした!
『退廃のカジノ』をコンセプトにした空間デザインは
かなりインパクトがある仕上りで
カッコ良かったですよ(^_^)v


ちなみに
AREA OSAKAが入っている
北浜プラザの上は
ザ・北浜タワーと言う
高さ日本一・54階建ての
ハイタワーマンション
になっております。
実はその中の
数戸の室内ドアなどに
戸夢窓屋がステンドグラスを施工
させて頂いております(^^ゞ


1年以上も前ですが
ステンドグラスの施工や現場の下見などで
何度か訪れておりましたので
当時と比べて、スゴク立派になっていていましたが
なんだかちょっとだけ懐かしかったです(^^ゞ


AREA OSAKAが入っている
北浜プラザの場所
以前、三越が在った場所
北浜駅から直結になっておりますので
是非、お近くにお越しの際には
お立ち寄り下さい!


お写真は野田代表と一緒に撮って頂きました
この度は新店舗のOPENオメデトウございます(^_^)v


AREA TOKYO   
http://www.area-japan.co.jp/
The Kitahama  Tower & Plaza
http://www.haseko-sumai.com/kansai/sinki/kitahama209/top.html

ステンド屋の社長ブログ

瀞ホテル・見学セミナー


こんにちは!和田良太です。

今年の夏は色々と忙しく
ブログがスッカリ疎かになっておりました(-_-;)
これから色々と、まとめてアップして行きたいと
思っております^_^;

先日
「吉野熊野国立公園」随一の景勝地
と言われる
瀞八丁(ドロハッチョウ)にある
『瀞(ドロ)ホテル』
の見学セミナーに参加してきました(^^♪
現在は営業を休止されている瀞ホテルですが
今回は特別に内部まで見学をさせて頂きました!

昔と比べて交通の便が良くなったとは言え
近鉄大和八木駅からバスに乗り
細く曲がりくねった山道を約3時間半走り
ちょっと車酔い気味でやっと到着しました
現代でも充分に秘境ですね~(~_~;)

大正6年に(1917年)にオープンした瀞ホテルは
ホテルと言うよりも純和風で旅館の佇まい、
建物が立派であることは去る事ながら
その素晴らしい
ロケーションと眺望に驚きました!

建物の2階には回廊があり
その高欄越しに広がる
瀞渓谷はまさに絶景!
その絶景を前にしながら食べる
弁当はコンビニ弁当でも
美味しく感じました・・・。(^^ゞ

1時間程で
瀞ホテルを後にし
チャーターのジェット船
瀞峡の美しい眺めを楽しみながら
瀞流荘温泉まで下って
一風呂浴びてから鉱山跡でトロッコ列車に乗り
それから最終の目的に地である
丸山千枚田に到着!

時期的にはもう少し早い方が
キレイに見られるそうなんですが
それでも写真の通り
青々とした稲の緑が鮮やか
とっても美しくて
夕方の風も涼しく、
とても気持ち良かったです(^^)

充実した時間で
とても勉強になり有意義な一日でした
瀞ホテル
国内でも他に類を見ない
ロケーションにあり、素晴らしい建物ですので
費用面など問題は山積みですが、
補修などを行なって出来るだけキレイに保存し
いつか営業再開とか出来ないものかな~っと
思っちゃいました(*^_^*)

このエリアは他にも
世界遺産の熊野古道や有名な温泉
も多数ありますので
またドライブがてらユックリ訪れてみたいと
思います(^_^)v

ステンド屋の社長ブログ

伊賀上野・洋風建築めぐり




こんにちは!和田良太です。

皆さんお盆休みは楽しく過されましたか?

僕は先日建築セミナーで
三重県伊賀上野に行ってきました!

コレまで伊賀上野については全く無知だったんですが
近代建築が沢山残るステキな街でしたよ!

まず最初に訪れたのが
明治32年(1899年)に建設された
上野高校(旧制上野中学校)です。
映画のワンシーンに出てきそうな
当時の姿をほぼそのまま残す木造建築です、
コチラの学校の特筆する点
今でも校舎として利用されながら
美しく保存されている点だと思います!
こんな校舎で毎日勉強出来るなんて
羨ましいですよね(*^_^*)

その次に訪れたのは
三重県内で現存する
小学校の校舎としては最も古い
明治14年(1881年)に建設された
素朴で個性的な旧小田小学校です。
コチラの建物には
非常に特徴的
太鼓楼(たいころう)と言う
屋根が突き出た様な部分があり、
当時太鼓楼では
太鼓を鳴らし時報や合図として
使われていたそうです(^_^)

その後、
伊賀出身の松尾芭蕉生翁生誕300年
記念して建設された俳聖殿(はいせいでん)に行き
松尾芭蕉翁瞑想像が安置されている
建物内を特別に見学させて頂きました、
コチラの建物の特徴的な外観は
松尾芭蕉翁の旅姿を表しているそうです、
ちょっとユニークな外観ですよね!

伊賀上野にはこの他にも
伊賀上野城(写真13枚目)・北泉邸(写真9.10枚目)
上野聖ヨハネ教会(写真14枚目)
大正時代の登録有形文化財利用した
オシャレなカフェ(写真15枚目)や、
街中は雰囲気のある古い街並み(写真16枚目)
良い意味で素朴ですが魅力的な町でしたよ。
とても蒸し暑かったですが
楽しい時間でした(^_^)v

ステンド屋の社長ブログ

思い出のアンティークショップ

こんにちは!和田良太です。

最後にオマケの旅ネタを1つ(^^ゞ

旅の最終日に
思い出のアンティークショップにお邪魔しました!

ボクは特に何かのコレクターと言う訳では
ないのですが、
若い頃から
和・洋を問わず
昔のオモチャ、ガラス製品、電化製品、生活雑貨、
などに興味があり、
留学時代もあんまり生活に余裕がなかったのですが
少しづつお小遣いを貯めては
欲しいモノを買っていました!

そんな感じでやっと手に入れたモノが多かったので
当時に買ったものには
それぞれに思い出があり
今でも自宅のガラスケースで大切に保管
しています(^^)

写真のお店は思い出の場所なんですが
前回尋ねたのが10年前だったので
「まだお店があるかな~?」っと
失礼ながら、半信半疑で行ってみました(~_~;)

到着してみると
店内の雰囲気も当時そのままで
今も変わらず
ボクのテイストに合う
オモチャや雑貨達が色々と
が揃っていました(^_^)v

オーナーのボブが
ボクの探しているモノを伝えると
ボクの事を覚えていてくれたので
店のアチコチから
オススメの商品やコレクションを紹介してくれました(^^♪
(多分あのお店を訪れる、小さい丸顔の日本人は
 きっとボクだけなんで覚えていてくれたんだと思います(^^ゞ)

それで、アレコレ検討しながら
今回もちょっと大人買いして
大満足のお買い物が出来ました(^O^)

昔のオモチャや電化製品、ガラス製品などは
現代の合理化を追求して出来た大量生産品と違って、
手作り感があって
デザインや細工や塗装などがスゴク凝っていたり、
とても頑丈だったり、
1つ1つが個性的で雰囲気があって
ボクは大好きです!

今回買ったオモチャの中には
幾つか 『Made in Japan』 のモノがあり
実際にそれらを手にすると
とても品質が高く、
当時、物価が安かった日本は
安価で品質の高い商品を
作っていたから、
その後の日本の発展に繋がったんだな~っと
改めて実感したりもしました(^^ゞ

いずれにしても
今回、ボクところにやってきた
オモチャ達はご縁があって
遥々、日本のボクのトコにやってきて
くれましたので、
これからも
大切にしていきたいと思っています(^.^)

コレにて、旅ネタブログは終了!!
長々とお読み頂きまして有難うございました
しかし
やっぱり旅はイイですね!
これからも時間を作って
国内外問わず、色々なトコと出掛けて
行きたいと思います(^o^)

ステンド屋の社長ブログ

ヴィクトリアに行ってきました




こんにちわ!和田良太です。

またまた、旅行のネタです(^^ゞ

4日目にヴィクトリアにある
ブッチャートガーデンに行きました!
このブッチャートガーデンは
個人の庭園としては
世界最大規模(67000坪)あり
園内の至る所に季節のお花が咲いていて
世界的にも非常に有名な庭園なんですよ(^^)

今の時期は庭園内の至る所に
色んなお花が咲き誇っているのですが
特にバラが満開で美しかったです!
この時期は運が良ければ
『ハチドリ』が見られるそうで
動物好きのボクとしまして
お花そっちのけぐらいの気合で
『ハチドリ』探しましたが
残念ながら見つけられませんでした(-_-;)

ブッチャートガーデンの後は
ヴィクトリアの中心街に行きました
有名なエンプレスホテル
その隣にある州議事堂などの
とても立派な建物が並んでいます!

偶然にも訪れた日は
BC州議事堂の中が無料開放になっていましたので
見学をさせて頂きました(ラッキー(*^_^*))

1916年に建築された州議事堂の内部は
格調高く、非常に豪華な造りになっていて
所狭しと絵付けのステンドグラスが使用されていて
とっても見応えがありました!

最近、ステンドグラスと関係ない事ばかり(^_^;)
ブログに載せておりますので
今回は少しですが
ステンドグラスのお写真をアップさせて
頂きますね(^^ゞ

『写真』
1~3枚目  ブッチャートガーデンです!
4枚目    よく見るとトンボが映っているんですよ(^^)
5~7枚目  ビクトリアの中心街です、キレイな街ですよ!
8~15枚目 BC州議事堂と議事堂内のステンドグラスです。

  • 一般のお客様
  • 建築業者様
新着情報
お知らせ
メディア情報
ステンド屋の社長ブログ

ステンド屋の社長ブログ 月別アーカイブ

ステンドグラスに関するご相談・ご質問は

【TEL】06-6852-2422 営業時間(火曜定休日):月-土 10:00~18:00 日・祝 12:00~17:00

【FAX】06-6852-5622

無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

お電話・FAXでもOK!!

  • ステンドグラス戸夢窓屋 フェイスブックページ
  • ショールーム
  • 様々なドラマ現場に美術協力!
  • 世界1のSHOWTIME出演!
  • 戸夢窓屋 紹介番組
  • ステンド屋の社長BLOG
  • ステンドグラスランプ
  • ステンドグラス教室
  • エッチングガラス
  • お申込みからの流れ
  • よくあるご質問
  • ご相談・ご質問フォーム
  • 会社概要
  • リンクについて

PAGE TOP