無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

ステンド屋の社長ブログ

ステンドグラスの専門店戸夢窓屋 > ステンド屋の社長ブログ > 綿業会館を見学

綿業会館を見学


今回は、大阪が誇る、
わが国有数の倶楽部建築である
日本綿業倶楽部(綿業会館)をご紹介します。

この綿業会館(めんぎょうかいかん)は
約80年前、大阪が「東洋のマンチャスター」と呼ばれ
紡績業が基幹産業の1つだった
1931年(昭和6年)に、
当時150万円の予算を掛けて建築されました。

みなさんピンと来ないかもしれませんが
当時の150万円は現在の価値に換算すると
なんと約70億円です!!
同じ年に再建された大阪城天守閣に掛けられた費用が
150万円と言われていますので、
天守閣が建っちゃう金額で7階建てのビルを建てた事になりますから
それだけを聞いても、
いかに贅を尽くした建物なのかが想像出来ますよね~(+_+)

設計者は「様式建築の達人」渡辺節(わたなべせつ)、
そして主任設計士が村野藤吾(むらのとうご)
当時、非常に活躍した建築家が担当されました!

普段、綿業会館は会員制になっていますので
一般見学日は月に1度(予約制)だけですが
ボクは、一般見学日と別の機会に行かせて頂いたので
普段は見学不可の場所もジックリ拝見さてもらえました(*^^)v
折角ですので、チョコっとだけ内装のスゴイさを
説明させてもらいますね !

◆談話室・壁面の吹抜け天井まであるタイルタペストリーは
 全てオリジナルの清水焼

◆会員専用の食堂欄間には、ガラスが貴重だった時代に 
 非常に美しいデザインのエッチングガラス

◆鏡の間とも言われている、会議室は細部の装飾も美しく
 床石はアンモナイトの化石が入った天然石

しかし、綿業会館の素晴らしさ
とてもボクの拙い文章では伝えきれませんので
写真を多めにアップしておきますね(^^)v

ボクの知っている範囲で
綿業会館は
数ある大阪のレトロモダン建築の中でも
豪華さ・美しさ共に間違いなく最高レベルですので、
毎月第4土曜日(有料)に事前予約制で館内見学が出来ますから
是非機会があればご覧下さいね!
(遠方の方でも見に来られる価値は充分にありますよ)

最後に
綿業会館とは、
大阪がかつて世界と肩を並べ・日本で一番の人口を抱えた約80年前
『大大阪(だいおおさか)』と呼ばれた時代を
少しだけ感じられる素敵な空間です(#^.^#)

綿業会館    http://www.mengyo-club.or.jp/

  • 一般のお客様
  • 建築業者様
新着情報
お知らせ
メディア情報
ステンド屋の社長ブログ

ステンド屋の社長ブログ 月別アーカイブ

ステンドグラスに関するご相談・ご質問は

【TEL】06-6852-2422 営業時間(火曜定休日):月-土 10:00~18:00 日・祝 12:00~17:00

【FAX】06-6852-5622

無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

お電話・FAXでもOK!!

  • ステンドグラス戸夢窓屋 フェイスブックページ
  • ショールーム
  • 様々なドラマ現場に美術協力!
  • 世界1のSHOWTIME出演!
  • 戸夢窓屋 紹介番組
  • ステンド屋の社長BLOG
  • ステンドグラスランプ
  • ステンドグラス教室
  • エッチングガラス
  • お申込みからの流れ
  • よくあるご質問
  • ご相談・ご質問フォーム
  • 会社概要
  • リンクについて

PAGE TOP