無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

ステンド屋の社長ブログ

ステンドグラスの専門店戸夢窓屋 > ステンド屋の社長ブログ > おばあちゃん

おばあちゃん

こんにちは!和田良太です。

実は今年のお正月は
毎年新年のブログでご紹介しております
恒例の有馬温泉御所坊に行けませんでした
何故かと言いますと
年末から具合が悪かった
ボクの最愛のおばあちゃんが
1月2日に亡くなってしまったからです。

母が一人っ子だったので
長男であるボクは初孫だったこともあり
本当に本当に可愛がってもらいました!

子供の頃は休みともなれば
しょっちゅうおばあちゃんのお家に
泊まりに行っていましたし
子供の頃から服でもオモチャでも
何でも買ってもらいましたし
国内や海外旅行にも
毎年連れて行ってもらっていました!
今考えても
物凄く贅沢をさせてもらっていましたし
今のボクの人格を形成する上で
ものすごく影響があったことは
僕自身の実感も含めて間違いがありません。

ボクが大人になってからも
いつも子供の頃の時と同じような接し方で
おばあちゃんは本当にいつも優しく
笑顔で迎えてくれて
ボクの事をいつも心配してくれていました。

おばあちゃんは
いつもスゴク明るくて豪快で、
気さくで、気前が良くて
上品で可愛らしく
優しくて温かくて
僕自身は大切にしてもらっていた
思い出しかありません。
(ボクは子供の時からおばあちゃん似だと言われています)

そのおばあちゃんが7年ぐらい前から
認知症を患うようになり
最近ではボクの事も実の娘である母の事すら
全く分からなくなってしまっていました。

そんなおばあちゃんとの思いでは
語りつくせませんが
とりわけ今日現在のボクに最も直接的に影響があった
思い出が一つあります。
それは
6年ぐらい前のある日
ボクが会社の帰り
おばあちゃんのお家に寄って
数時間一緒に過した後
いつものようにマンションの玄関まで
おばあちゃんが僕を送ってくれた後
歩いて少し離れた僕に向かって
突然大きな声で
『良ちゃん、毎日もっと笑わなアカン!
 毎日笑って生きなアカン!
 人生は楽しまなアカン!
 楽しんで、幸せになる為に生きるねんで!!』
とコレまで聞いた事の無いような声で
剣幕でボクに言ってくれました!

その夜の一言は
本当にボクの胸に突き刺さりました。
一瞬で涙が溢れてきて
震える声を抑えながら
「ウン」って返事するのが精一杯でした。
不思議な感覚だったのですが
「コレはおばあちゃんからの最後のメッセージなのかな?」
って思ったのをハッキリと覚えています。

後から聞いた話では
それまでにもおばあちゃんは
「あの子は小さい頃からいつも笑っていたのに
最近全然笑わなくなってしまった」
といつも心配そうに母には言っていたそうです。

ボクの20代は
会社も私生活も大変な事ばかりで
ただただ本当にしんどい事ばかりで
何もイイ思い出がありません。

ボクは24歳の時から
当時倒産寸前だった会社の
建て直しを始めたのですが、
それまで父がやってきた会社でしたので
両親を含めて家族全員から辛く当たられた時期もありましたし
実際の会社の状況を知らない(僕も話せない)
自分の友人や父の周りの人たちからは
「父親いじめ」をしているように見えた部分もあったようで
好き勝手な事を言われて
随分ヒドイ態度をとられた時期も数年間ありました。

そんな孤独で四面楚歌のような状態の中でも
おばあちゃんだけは
いつも子供の時のボクを見るような優しい目で
見てくれていつもボクの味方でした。

そんな20代を過していたボクですが
さっきのおばあちゃんの言葉をきっかけに
自分なりに深く深く深く考えて
『それまでの考え方と行動を変えて
30歳に入ってからは劇的に人生を楽しく過せるようになりました。

だから今のこの毎日幸せで楽しい
35歳のボクがいるのは
きっかけをくれたおばあちゃんのお陰なんです!

お通夜の夜は
ボクだけが会場に残って
おばあちゃんの棺の横で
一睡もせずに夜通しおばあちゃんと色々な話をしました
7年前におばあちゃんの認知症が始まり
4年前に急に長崎に引っ越してしまったので
一方的ではありましたが
おばあちゃんとまともに話せたのは約5年ぶりでした。

おばあちゃんには
最後にイッパイお礼が言えたし、
話が出来たし、
心の整理ができました!

おばあちゃんのあの言葉の6年後に
今の様な状況と気持ちで
毎日過ごせている事は
あの頃、想像も出来ない夢の様な事ですし
いつもボクの事を心配していたおばあちゃんに
今のボクの報告を出来た事は
本当に良かったです!
きっと今も必ずどこかでボクを見てくれて
喜んでいてくれていると思います。

最後に
おばあちゃん
ボクは本当に本当におばあちゃんが大好きでした、
おばあちゃんの孫に生まれてきて良かったと
心から思っています、
ボクは本当におばあちゃんに一番感謝しています、
本当に本当に有難うございました。

以前のブログにおばあちゃんの写真が載っています
ボクと似てますかね(^^ゞ

http://www.tomusoya.co.jp/?p=1579

  • 一般のお客様
  • 建築業者様
新着情報
お知らせ
メディア情報
ステンド屋の社長ブログ

ステンド屋の社長ブログ 月別アーカイブ

ステンドグラスに関するご相談・ご質問は

【TEL】06-6852-2422 営業時間(火曜定休日):月-土 10:00~18:00 日・祝 12:00~17:00

【FAX】06-6852-5622

無料カタログ請求はこちらから
一般のお客様
建築業者様

お電話・FAXでもOK!!

  • ステンドグラス戸夢窓屋 フェイスブックページ
  • ショールーム
  • 様々なドラマ現場に美術協力!
  • 世界1のSHOWTIME出演!
  • 戸夢窓屋 紹介番組
  • ステンド屋の社長BLOG
  • ステンドグラスランプ
  • ステンドグラス教室
  • エッチングガラス
  • お申込みからの流れ
  • よくあるご質問
  • ご相談・ご質問フォーム
  • 会社概要
  • リンクについて

PAGE TOP